ジュエルレインにはアルコールが含まれている?

ジュエルレインにはアルコールが含まれている?

ジュエルレインは無添加…なのに?

別のページでも書かせていただいているんですが、ジュエルレインは無添加を謳っていて

 

■合成香料
■着色料
■鉱物油
■パラベン
■アルコール

 

が含まれていないという表記をしています!

 

 

たしかに、パラベンなどの非常に殺菌力の強い成分や、科学的(ケミカル)な成分である合成香料、石油が含まれる着色料や鉱物油などが一切含まれていないのは嬉しいですね(^^*)

 

※鉱物油自体に問題はないのですが、その中の不純物である環状化合物に危険性があります

 

まぁ、無添加だから絶対安心ってわけじゃないんですが、個人的には化学薬品で痛い目にあっているので、植物由来の自然派製品のほうが好きですね(^^;)

 

話がちょっと脱線しましたが、その中ではアルコールも無添加と書かれています。
でも、成分の中身を見てみると、フェノキシエタノールという文字が…

 

「あれ?たしかエタノールってアルコールの一種じゃなかったっけ?」

 

そう思い、ネットで検索してみると、やっぱりエタノールはアルコールの一種で間違いありませんでした…

 

え〜…これじゃ詐欺みたい。
わたしは別にアルコールはどうともない身体ではあるんですが、ちょっとガックリしました。

 

…でも、このアルコール無添加という表記にはどうやら理由があるようなんです!

 

薬事法と含有割合がキーワード!

現在の薬事法によると、化粧品のすべての成分の表示が義務付けられているので、1滴でも使うとその成分の名前も表記しなければいけないそうです。

 

また、含有割合の基準というのもあって、美容成分の抽出&保存料として使う分には無添加を名乗ることができるんです。

 

ジュエルレインでは、フェノキシエタノールを美容成分の抽出と長期保存を目的にしてごく少量使っています。
だから、このフェノキシエタノールは成分では表示されているけど、無添加だと書かれているんですね。

 

なんだか変な話ですけど…(^^;)

 

ちなみに、実はフェノキシエタノールはほとんどの化粧品に含まれるほど重要な成分なんです!

 

@美容成分の抽出と安定化(セラミドや高分子ヒアルロン酸などの美容成分の抽出など)
A長期保管するための保存料として(ジェルやクリームを安定させる保存料として)
B清涼感を出すため
C塗ったあとの余分な水分を飛ばして肌を快適にするため(ジェルを塗ったあとのベタつき防止)
D皮膚温度を下げて毛穴を引き締める

 

だから、ジュエルレインでもこれは外せなかったんだと思います。
この@とA以外を目的にして使うと、アルコールは無添加です!という表記ができないってわけですね。

 

このフェノキシエタノールが使われていないと

 

・塗ったあとのベタベタが残るし気持ち悪い
・空気に触れると3日ほどで腐敗(夏場だと3時間ほど)する

 

なんて問題が起きるかもしれません…
フェノキシエタノールって意外と重要な成分だったんですね(汗)

 

アルコールパッチテストで引っかかった方、アルコール過敏症の方は×!

ただ、だからといってアルコールに対して反応を起こしてしまう方はジュエルレインを使用するのはおすすめしません!

 

・アルコール過敏症(アレルギー)の方
・下戸の方
・学生の頃にアルコールパッチテストをして肌が真っ赤になった方

 

↑の内容に該当する方はジュエルレインを使わずべつのニキビ対策商品を使うことをおすすめします。

 

 

乾燥ニキビの保湿&ほんとうのアルコール無添加ならコレ!

 

砂糖とオイルだけ!みんなの肌潤糖クリアの詳しい内容はこちら!